<//script>  
SRC 住宅基礎の盲点 株式会社八洲 やしま
SRC基礎 蓄熱床工法
建てる前に知っておきたい住宅基礎の盲点4
従来の基礎工法では、必ず床鳴りします。
土台に木材を使用する従来の工法では、床下空間が土台や床材に影
響を与えます。自然条件によって異なりますが、乾燥と床下から上昇す
る湿度による水分吸収を繰り返し、ひずみが生じ、床鳴りが発生しま
す。また、従来基礎の場合は、水平精度を保つこことが難しく、施工時
にもひずみなどの狂いが生じることもあり、精度の高い住宅はなかなか
実現しないのが現状です。
こんなことが起こります。
家全体のバランスが狂う。
各部位に狂いが生じ、くされを起こすことで建物の精度が大きく低下してしまいます。最初は、目に見えないほどのゆがみが、徐々に大きくなりメンテナンスや営繕に高額な費用がかかります。

重い家具の設置場所が限られる。
重量のあるピアノや大型家具の設置場所を考えないと、床に傾斜ができてしまったり、逆に家具が傾いたりします。そのままにしておくと弱った土台や床を破損する恐れもあります。
住宅基礎の盲点

SRC基礎の構造 SRC基礎の特長 従来基礎との比較 最新ニュース
会社概要 ビルダー一覧 トップ お問合せ
Copyright 2003 Yashima Co,.LTD. All Rights Reserved.