SRC 住宅基礎の盲点 株式会社八洲 やしま
SRC基礎 蓄熱床工法
建てる前に知っておきたい住宅基礎の盲点2
逆に冬はとっても寒くなります。
通気性が高まると、温まった空気が停滞せず、涼しくなるというの間違いではありません。しかし、冬はこれが災いして一気に室内を冷やしてしまいます。冬場になるとこの通気孔を塞いでしまうお宅も少なくないようです。現在では、床下への断熱材の施工が一般的になっています。この断熱材のおかげで思わぬ弊害が起こります。
こんなことが起こります。
断熱材により夏暑い。
冬の寒さを防ぐ床下の断熱材は、室内を魔法瓶の中と同じ状態にします。よって熱が逃げず夏暑い住宅を作ってしまいます。室内温度を下げるためには、強力な冷房機器が必要となります。

住宅基礎の盲点

SRC基礎の構造 SRC基礎の特長 従来基礎との比較 最新ニュース 会社概要 ビルダー一覧 トップ お問合せ
Copyright 2003 Yashima Co,.LTD. All Rights Reserved.