SRC 住宅基礎の盲点 株式会社八洲 やしま
SRC基礎 蓄熱床工法
建てる前に知っておきたい住宅基礎の盲点1
夏でも床下は結露しています。
床下空間を設け、通気孔を備えても湿気が溜まり、夏でも床下が結露してしまいます。太陽熱により地中の水分は蒸発しようと上昇します。基礎のコンクリートに阻まれ水分は、地中を移動し障害物のない地面から上昇します。地上に出た水分は、湿った暖かい空気となって地表から1mくらいを漂います。空気は温度の低いところへ流れるので、通気孔から床下へ流れ込み、床下の冷たい空気に触れ結露が起こります。
こんなことが起こります。
シロアリや腐朽菌の発生で床下が破損
従来の基礎工法は、シロアリや腐朽菌の発生に必要な水分、栄養分、温度、酸素のすべてが整ってしまいます。知らず知らずのうちに、床下で大繁殖し多大な被害を与えます。被害の状況によっては薬剤処理やメンテナンスも必要となります。

SRC基礎なら解決!
住宅基礎の盲点

SRC基礎の特長 従来基礎との比較 最新ニュース 会社概要 ビルダー一覧 トップ お問合せ
Copyright 2003 Yashima Co,.LTD. All Rights Reserved.