SRC SRC基礎の構造 株式会社八洲 やしま
SRC基礎 蓄熱床工法
床下空間を持たないSRC基礎 砂利層で構成された完全密封構造。
SRC基礎(蓄熱床工法)は、外周を立上り基礎で形成し、内周部の柱受にフラットジグ(H形鋼材)を組み込み、床下に砂利層とコンクリートを満たした完全密封構造です。不等沈下や突き上げに強い地盤支持力を発揮するとともに、ゆがみやひずみが発生しない高水準施工などにより高耐久・高耐震・高品質な住宅を実現します。外からの冷気や湿気を完全シャットアウトし、床下の巨大な蓄熱層による天然の冷暖房効果が快適性や省エネを強力にバックアップします。
建築物によって基礎の形状が異なる場合があります。
SRC基礎の特長 従来基礎との比較 住宅基礎の盲点 最新ニュース 会社概要 ビルダー一覧 トップ お問合せ
Copyright 2003 Yashima Co,.LTD. All Rights Reserved.