<//script>  
SRC SRC基礎の構造 株式会社八洲 やしま
SRC基礎 蓄熱床工法

SRC基礎(振動・地震)に対する効果

振動を低減

○環境振動に対する効果


 SRC基礎を用いた住宅は、車両や列車などの外からの振動を低減します。図は交通量の多い通りに面した住宅において振動測定を行った結果です。車両が通過すると、建物の外(青い線)では大きな振動が生じているのに対して、建物の中(赤い線)では振動が低減されていることがわかります。

○地震に対する効果


 さらに、SRC基礎を持つ住宅と通常の基礎を持つ住宅に、中小地震を想定した地震波*を入力し、解析的に建物の振動を算定しました。SRC基礎の振動は(赤い線)、振幅(振動の大きさ)が他の基礎(青い線)に比べ小さく、また、大きな振幅の後に、振動が大きく収束していることがわかります。

*構造設計でしばしば用いられるElCentro波の最大加速度を100gal(震度5弱程度)に縮小した波を用いています。

 振動の低減効果は、SRC基礎の密閉構造が関係していると考えています。つまり、SRC基礎は立ち上がり基礎で形成された外周部の中を砂利で満たし、コンクリートスラブで蓋をすることによって密閉されているため、一般的な基礎よりも建物の重量バランスが良く、剛性も高くなると共に、砂利層の吸収、分散作用により、外部からの振動や地震に対して影響を受けにくいと考えられます。
東京都立大学西川研究室・工学博士 西川孝夫
竃x江建築工学研究所

株式会社  八  洲
SRC基礎の構造 SRC基礎の特長 従来基礎との比較 住宅基礎の盲点 会社概要 ビルダー一覧 トップ お問合せ
Copyright 2003 Yashima Co,.LTD. All Rights Reserved.