SRC 株式会社八洲 やしま
SRC基礎 蓄熱床工法

SRC基礎 【蓄熱式温水床暖房】

快適性・経済性・耐久性を兼ね備えた温水式床暖房システム。
巨大な蓄熱層の一部である床下地コンクリートの中に温水パイプを入れ、50℃以下の温水を流して床面をじんわり温め、一階全体をマイルドに暖めます。
SRC基礎が元々持つ蓄熱性により床暖房効果を最大限に高め、一階の部屋間の温度差を少なくし、居室だけでなく洗面室、トイレ、廊下までもほんわりとした暖かさを維持します。
ランニングコストにおいても、少ないエネルギーで効率よく暖め経済的です。さらに、太くつなぎ目のないパイプを敷設することで、ボイラーに負担をかけず、優れたメンテナンス性も実現しました。
SRC基礎【蓄熱式床暖房】の構造


従来の床暖房とココが違う!
  SRC基礎の蓄熱式温水床暖房
(当社展示場データによる)
一般的な温水床暖房
温水温度
50℃以下
温度設定が低く省エネルギー
60℃以上
設定温度が高くエネルギーのムダ
床表面温度
約20~23℃
(体が接していると28~30℃になる)
ほどよい暖かさを維持
25~30℃
(体が接していると40℃になる)
床が暖まりすぎ、熱いくらい
範 囲
一階の床全て可能(一階全室床暖房)
1階全室床暖房
部屋ごとで部分的な床暖房
部分的な床暖房
※条件によって効果は異なります。

SRC基礎 【蓄熱式温水床暖房】 の特長

 
1階全室床暖房 玄関と浴室を除いた1階床全てが床暖房の範囲となり、1階全体をじんわりと暖めることができます。部屋ごとの温度差を小さくすることができますので、高齢者がヒートショックを起こすリスクを軽減します。
高齢者も安心
ランニングコストが安い

SRC基礎は、夏涼しくて冬暖かい地熱を利用した、天然の冷暖房効果を持っています。冬の外気よりも暖かい地熱をベースに床暖房を行うため、少ないエネルギーで床を適温に保つことができます。

また、蓄熱されればボイラーを停止してもすぐに温度が下がることはありません。タイマーを使用して効率の良い暖房が可能です。

空気がきれい

エアコンのように温風でホコリやハウスダストを舞い上げることも、ファンヒーターのように有害な物質を出すこともありません。床からの輻射熱でじんわりあたため、空気をきれいに保ち、乾燥することもありません。

子どもやペットにも安心

部屋に火の元がないのでやけどや火災の心配がありません。50℃以下の低温水で運転するため、低温やけどの心配もありません。

子どもやペットにも安心です
SRC基礎の家を建てるには
 


© 2003 Yashima Co.,Ltd.